MASAYOSHI NAKAHIRA

悔しくて

泣いたこともあります

自分自身で

壁を作らない事

セントラルディーボ倉敷店

#17

入社当時について

 学生時代に就職するか専門学校に行くか迷っていました。学校の進路相談受けた際に弊社の募集情報を見て興味を抱き、自分なりにいろいろと調べたところ地元愛があり、面白そうな企業だなと感じ弊社で働いてみようと思ったことがきっかけです。

 学生時代はかなりの数のアルバイトを経験しましたが、新卒社員としての入社だったのでアルバイトと違い責任能力も重要になってくるため、自分は長く続けられるかな…と言う不安はありました。最初に行った新人研修もかなりのインパクトがありましたね。規律や集団行動をしっかりと学び、人前で大きな声を出すこと、大勢の前で課題や結果を発表することなどその当時はこれは意味があることなのかな?と不安にもなりましたが…今考えると最初の新人研修が無ければ今の自分は無いと思います。そのぐらい大切な新人研修だったなと感じます。

 

悔しい経験

 入社して一年程経過した際に上司から「幹部訓練生になってみないか?」とお話して頂き入社2年目で幹部訓練生に昇格しました。

 新店のグランドオープンの立ち上げも経験し、高知県以外で新店をオープンするというお話を聞き県外の出店にも携わってみたいなと思い倉敷へ来ました。

 倉敷店で主任を経験し現在は店長として幅広い業務を行っています。

 店舗を運営している上で最も重要視しているところは、お客様からもスタッフからもこの店舗の存在価値をしっかりと日々感じてもらう事だと思っています。

 スタッフとも1対1でしっかりと話し合い現状の悩みなどをヒアリングしています。どんどん想いを引き出して打ち明けてもらって今後どういう風に仕事をしていったら良いか、その理由から今後の道筋までしっかりと自分なりのビジョンを伝えられるように心掛けています。

 ただ、私も本当に1回だけですが上司とぶつかることがあり…声を出して泣いてしまい悔しい想いを経験したことがあります。

 弊社は年功序列では無く努力次第で役職や報酬面もどんどん変化してしていきます。結果に対してしっかりと正当に評価して頂けますので悔しい想いをすることもありますが、まずは自分を信じて周囲のスタッフやお客様に感謝を忘れずにいれば必ず乗り越えることが出来ると思います。

今後について

 プライベートの時間は出来るだけ子供との時間を大切にし、休みの日には近くの公園でよく遊んでいますね。

 子供に自慢できる仕事だと自負していますので、しっかりと自分の背中を見せていきたいと思っています。

 今後、新規出店があった際には1から店長として任せられるようになりたいです!

 自分は慣れない環境の中でどんどん挑戦して行くことが好きなので、自分で壁を作らずにいろいろな経験をしていきたいと思っています!

 

※取材時 2016年5月時点