YURI TERAOKA

子育てしながら

楽しく働ける環境!

正直何度か

辞めたいなと思ったことも

セントラルディーボ旭町店

#01

入社のきっかけ

 高校卒業後に新卒社員として弊社に入社致しました。

 パチンコにはあまり興味はなかったのですが、家族が好きだったこともありパチンコ店の雰囲気などは良く会話に出ていたので働く現場のイメージは何となくですがありました。

 学生時代に接客業のアルバイトをしていて凄く楽しかったので卒業後も接客業の仕事がしたいなと考えていたところ、弊社の募集情報を見て応募してみようと思ったことが入社へのきっかけです。

 パチンコ店で働くことについて自分の中でマイナスなイメージは無かったです。ただ家族が店内の空気のことや音の大きさ等は大丈夫かな?と心配してくれました。

入社後

 現場で働くようになって周りのスタッフが優しく、環境も凄く良かったので大きなギャップに苦しむことは無かったです。ただ、入社して3日間の新人研修で発声練習をしたり接客の基礎を学び直したことは、未熟だった自分にとっては厳しく大変だなと思いました。

 やはり大きな声を出すことは普段から経験したことがなかったので、恥ずかしいが先に出てしまっていました。今考えると一緒に研修を受けた仲間がいたので乗り越えられたかなと思います。その時の仲間には感謝をしています。

 研修を終えて実際にカウンタースタッフとして現場に出た時はかなり緊張していたことを覚えています。

 お客様とお取引をする際に勝手に手が震えてしまい…大きな声も出すことが出来ずに失敗の連続でした。

 お取引でお客様にご迷惑をかけたこともあり、正直辞めたいな…と思ったことがあります。ただ、年上の先輩スタッフが仕事を一つ一つ丁寧に教えてくれて、またプライベートも含めいろいろと相談にのって頂いたおかげで踏ん張ることが出来ました。

 店舗も何店舗が経験させて頂き、それが自分にとって良い刺激となり不安な波を乗り越えられたような気がします。

 そこからしっかりと前を向いて自信を持って仕事が楽しめるようになりました。現在は新人スタッフの教育も行っていますが、最初はスタッフさん個人個人によって理解力の違いが把握できず、教育の難しさを感じました。常に伝えたことをしっかりとメモを取ってもらうこと、そして自分からスタッフさんに歩み寄って確認作業を徹底するように心掛けています。

 

今後について

 現在は産休中でお休みをもらっていますが、退社をしようとは思いませんでした。

 上司から産前産後の制度もしっかりと教えて頂き「早く帰って来てね!」と自分にとって凄く復帰しやすい環境を作ってくれたことに心から感謝をしています。

 妊娠した際にも仕事内容や業務時間のケアをして下さり、お客様にも頑張ってね!と声をかけて頂きとても嬉しかったです。

 今後の目標は、子育てをしっかりしながら現場復帰することです。また、これからお子さんが出来たり現在お子さんがいらっしゃる方々の目標やお手本になっていけたらなと考えています!

 産休や育休を取らずに退社してしまう方もいらっしゃいますので、積極的に会社の制度を活用してもらいたいと思います!

 

※取材時 2016年5月時点