NAGISA TOKUHIRO

接客業の

経験を活かして

信頼される

社員を目指して

セントラルディーボ一宮店

#03

入社のきっかけ

 高校卒業後、新卒社員として弊社に入社しました。

 学生の頃は、大きな将来の目標がまだ見つかっておらず…ただ、接客業のアルバイトをしていたこともあって、その経験を少しでも活かせるならと思い入社を決意しました。

 パチンコ店の最初のイメージは音が大きくて少し怖そうだなと不安な部分がありました。

 入社後の研修を受けて現在は実際に店舗でスタッフとして働いていますが、先輩スタッフのおかげでパチンコの知識がなくても働きながら学ぶことが出来る環境だなと思います。

研修について

 3月の下旬から新入社員が集まって3日間の合宿研修を行います。その中で発声練習や礼儀作法を学んだりしました。新入社員同士も最初は知り合いではないのでドキドキして大丈夫かな?と少し不安になりましたが、少しずつみんなと仲良くなりチームワークが強くなっていきました。

 研修中のトレーニングで恥ずかしかったり、悔しかったり…泣いてしまいそうな事もありました。

 ただ、そんな環境の中で新入社員同士の絆や仲間意識が一段と強まり、助け合うことはとっても大切な事なんだなと感じました。今考えると本当に良い経験をさせて頂いたなと感謝しています。

 他にはマニュアルを使ってパチンコ業界の事を学んだり、企業理念や目標などを把握する研修も行いました。

 ロールプレイング研修(お客様と店員の役割を疑似的に体験)で実際にお客様と接する時の会話の仕方や笑顔の作り方などを学びました。

今後の目標

 実際の現場はイメージしていたより難しいなと感じています。お客様や先輩スタッフの動きを良く観察出来るように店内を動きまわる事が多かったので体力的にも辛かったです。

 そんな中、ある先輩スタッフを見習って、自分からお客様に話かけるようにしていくことで「楽しい!」と思えるようになってきました。

 これからの目標はやるべき仕事は全部自分で出来るようにしたいです。そして、お客様や先輩スタッフ、同僚からも信頼されるような社員になっていきたいと思っています。

 細かな作業など覚えることがまだまだあるので、お客様に楽しく過ごして頂けるよう心掛けていきたいと思ってます。

 

※取材時 2016年5月時点